災害時に慌てないために家族でチェックしておくべきこと

>

災害大国で暮らすという意識

ハザードマップで危険予測をしよう!

地震、水害、噴火、火災などなど、自然災害の種類は多岐に渡ります。
準備の第一段階として、あなたの住む地域がどんな災害に弱いのか、きちんと把握しておきましょう。

その際に大いに役立つのが「ハザードマップ」です。
ハザードマップとは日本語だと「被害予測地図」と呼ばれるもので、各自治体が作成し、ホームページ等で公開しています。
それをチェックすることで、自分たちの街に迫る危険の種類を絞り込むことができます。

例えば筆者の自宅周辺の場合、側に海や川などが無く、坂の上に立地しているので、水害のリスクはあまりありません。が、住宅密集地で道も狭いので、大規模火災の危険度が非常に高いと言われています。
これを知っておくことで、「大雨の時は慌てなくて大丈夫」「地震の際はとにかくまず火を消す」という心構えをすることができます。
具体的にイメージするのは少し怖いかもしれませんが、いざという時の為にはとても大切なことです。

避難所に行く?それとも自宅で過ごす?

地域の危険度を理解した後は、自宅について考えてみましょう。
もしあなたの家に耐震・免震構造が備わっている場合、大地震が起きた後でも我が家で暮らせる可能性は高いでしょう。
ですが、火災や水害等で自宅に戻れなくなった場合は、避難所に身を寄せるしかありません。

避難所では他人との共同生活となるので、ストレスが多いとも言われています。
ですが、物資の供給が早い、被害情報などが集まりやすいという利点もあります。
着の身着のままで逃げ出しても受け入れてもらえますが、少しでも快適に避難所での暮らしを送れるよう、持出袋等を備えておくことが肝心です。

また、自宅に住み続けることができる場合でも油断はできません。
自宅が無事で、いつも買い物をしているスーパーも無事だったとします。
しかし災害後は物流が混乱し、お店の棚からは食べ物も飲み物も生活用品も姿を消してしまうでしょう。
同様に停電や断水への備えも不可欠ですね。


この記事をシェアする